子どもたちのかわいい会話

子どもたちの微笑ましい会話、エピソードのコーナーです。
保育園、家庭での会話を載せています。
*月1回更新します。

保育園で
後谷公園に行った時の話。
どんぐりを拾いながら銅像に気づき
子ども⓵「ねぇ何してるの?」と銅像に声をかける。
子ども⓶「パンツはいてないね。」

お家で
10月のある日 お家で・・・(連絡帳より)
触ってはダメと言われる物を人形に触らせこずるい知恵がつきました。
人形でガスコンロのつまみを触っているので注意すると
子ども「Aじゃないよー。メルちゃんだよー。」
母「じゃーAちゃんがメルちゃんに言ってあげて!」
と言うとニヤニヤしていました。

保育園で
ある日の園庭遊びで、フラフープ遊びをしていたこどもたち。
「Uちゃん!行くよ~転がるね~」と転がしては倒れてを繰り返して遊んでいました。
様子を見ていると 「先生すごい!すごいよ!オリンピックできた‼」 「見てみてw!」、と
倒れたフープで五輪マークが完成されていました。

保育園で
プールが終わったあと、Aちゃんが「 Mちゃんありがとう 」と言うと、Mちゃんは「なにが? 」
Aちゃんは「 Mちゃんがプールで泳いでいるのをみて、わたしプールで泳げるようになったの 」
Aちゃんは水に顔を付けられなかったのですが、Mちゃんの姿を見て勇気が湧いて顔をつけられるようになったのです。
Aちゃんは自分自身ができたことに嬉しくなり、まわりのおともだちにも 「ありがとう! 」と言うと、まわりのおともだちは「 どういたしまして 」と一斉に返事がありました。

保育園で
水遊びでの出来事。Y君が「大きくなあれ!」とジョーロで水をかけていました。
保育者には何もみえませんが、本人は何かを咲かせてあげようとしていたようです。
Y君に保育者が「何を植えてるの?」と聞くと「アサガオ!」と答えました。
「アサガオなんだね 」と保育者が話しかけているのを見ていたまわりのおともだち、保育者の笑顔が自分の方にも向いてもらいたくて「なんの花だと思う?」と次々に問いかけてきました。
こどもたちは、保育者のやり取りをよく観察しています。


タイトルとURLをコピーしました